2018.01.12 OneとWanの差
後輩が「あれ何?」と「どんな意味があるの?」とレーティングと登録抹消馬の記事を見てLINEしてきたが、
時期を見て、また補足記事にします。

注目馬ペルーフの示唆する馬はワンコでは無く
◎ガンコだったのか!と呟いて本日の記事スタート。


年明けの重賞の中で「戌年」を表現しやすい舞台は、どれだろうかと考えていたのだけど、やっぱり「愛知杯」だろうなという結論に達した。

尾張出身の前田「犬千代」
戌年1994年に誕生した岡崎市の「わんわん動物園」
犬山市の国宝「犬山城」

ふむふむ、それでと神妙に読まれても困るが、12月施行だった1994年、2006年といった過去の戌年は3歳牝馬を起用していたので、1月に移行した今ならたぶん「明け4歳」、其処が狙い目だろうと思うのだ。3歳と明け4歳を表現するのは間違いなく、秋華賞から来るブラックオニキスやリカビトス。

またGⅢ格付けを得たターコイズが揃目で幕を開け、きな臭い匂いがするので、「ワン」ブレスアウェイのハンデ戦歴を相手に選ぼう。

戌年は干支の11番目、戌年の日経新春杯などは1994年も2006年も11番を起用していたので、そんな設定がされているのだろうかと眺めてみたが残念ながら11番は既に昨年、先使いされていた。

2015日経新春杯
2016京都金杯、愛知杯
ハンデキャップ競走は荒れると思わせておいて、2017年は両金杯、日経新春杯、愛知杯全て「1人気」の起用。
今年もあまり欲深く追いかけない方が身の為だ。

ニワトリの鳴き声が世界各国で異なるという番組を見た記憶があるので、犬はどうかと調べたら、様々違った。

犬の鳴き声(言語)
日本   Wan Wan(犬)
英語  Bow Wow(Dog)
イタリア Bau Bau(Cane)
フランス Ouah Ouah (Chian)
スペイン Jau Jau(Perro)
中国   Wu Wu(狗)
ロシア  Gaf Gaf(Cobaka)

言語の発音に由来するところが大きいような気がするなあ。




競馬ランキング

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/902-30304d18