FC2ブログ
最近調子が良いので、少し丁寧に書いてみます。
後輩が皐月賞はどうなるのと聞くのです。
まあ当たらんけどシナリオは想定してるけど、と返すと、
どうせ長いやろから記事を書けと言うのです。
でも本当に長くなるので丁寧に簡単に書きますね。
深入りしない程度に。

近い将来「2歳三冠馬」が誕生するとしたら面白いなと考えています。勿論、同一馬がそれを可能にするのは日程的には可能ですが、怪物でもない限りサラブレッドの脚では望み薄です。私が考えているのは同一種牡産駒による三冠です。

阪神ジュベナイル オルフェーヴル
朝日杯FS    ディープインパクト
ホープフルS   ハーツクライ

昨年の2歳三冠戦は見事に三戦共、違う種牡馬でした。
当たり前の話ですが一頭の馬で三冠を達成しようと思ったら「怪物」である事と、もう一つ条件が有ります。「牝馬」である事です(笑)絶対条件です。
ハイ、横道でした。

2018牝馬限定3歳重賞は、何故かディープ産駒を使います。牝馬が出走したシンザンや京成杯では使わないのにです。そして牡馬だけで構成された3歳重賞戦もまたディープ産駒です。関西弁でいうたら「なんでやろ?」と思いませんか?単純にDP強いなじゃ、アカンのです。ハイこれ以上深入りしません。

きさらぎ牝馬不在  2着DP
共同通信牝馬不在  2着DP
弥生賞牝馬不在   1・2着DP

すでに登録段階で若葉もスプリングも牝馬は出走させませんと事前告知済みです。
若葉S牝馬不在 
スプリングS牝馬不在  
ですからもう既に買い目は決まっています。

若葉は「ダノンフォーチュン」と「タイムフライヤー」の一点です。
スプリングSも「サトノソルタス」と「エポカドーロ」
の一点です。
HATの好調が不気味な方は、たかが一点ですから抑えて下さいね(笑)

察しの良い方は「ダノンフォーチュン」「サトノソルタス」は判るけど、なんで「タイムフライヤー」と「エポカドーロ」なのと思う訳です。
応援馬券を買ってもらうんですから説明します。

三冠オルフェーヴルはスプリングS経由
三冠ディープインパクトは弥生賞経由
未冠ハーツクライは若葉経由

弥生賞はDP&DP
若葉はDP&ハーツ
SPSはDP&オルフェ
私ならではの発想ですね。普通の方はこんな発想はしないし、思いつかないでしょう。

ファルコンはディープはきませんよ、というか登録馬に居ませんね。上から読み返して頂ければ理由は判るでしょう。今週末も忙しいので記事の更新は難しそうですので、書けるだけ書いてます。

蛇足ですけど牝馬三冠馬って前走マイルを勝たないんですね。ではまた。











競馬ランキング

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/923-fe3dbe86