3月3日といった具合に「月」と「日」の数字を揃える競馬開催日が
年間幾つあるのか調べたことがありますか?
今年は奇数月すべてが該当しますが、昨年などは1回のみです。
2009、2010偶数月(4/4、6/6、8/8、10/10、12/12)
2001、2007奇数月(3/3、5/5、7/7、9/9、11/11)

ネタですので、それだけです。

まあこれだけの材料で405を支持する訳ではないですが
2歳牝馬チャンピオンが強いレースなのは確か。
連を外す可能性はまぁ低い。

一応ネタの検証しときます。
2001.3.03 テイエムオーシャン7-4 11-05-09逆(04-10-06)14頭 
2007.3.03 ウオッカ     6-4 11-07-02逆(06-10-15)16頭
共通するものが見えるでしょ。

今年の出馬表でいえばジョワドヴィーヴルが、この2年間の2着番
「逆10番」を背負わされたのが判る。
だからといって2着だとは限りませんけどね。

エルフィンSで最下位着順を与えられた正11番よりも
逆11番のスピカシチーの方が気になる。
出た!またHATの禄でもない予想。
でもね、頭文字「スピ」2頭を同居させた配置といい
中京開幕の日の重賞に、前走名古屋を走った馬の存在といい実に怪しい。

昨年の、「揃目の日の競馬」は10月10日(祝)南部杯当日。
この日に出走歴を持つのが逆11番スピカシチー
こういう条件が整うと、ついつい私は馬券を買っちゃう。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/03/03 13:59】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック