先読みではなく、遅い予想。
今年の菊花賞の特徴は・・・
<第48回衆議院選挙当日施行に尽きる。>
なんでも書いた天皇賞秋の記事とは違って、
なんでも書かない菊花賞としておこう。
46回2012.12.16「朝日杯FS」
47回2014.12.14「阪神JF」



2点目の特徴はダービー馬だけでなく
馬券対象馬3頭を不在にした事だろう。
ダービー馬の不在は(88、90、91、97、02、04、07)
ダービー1~3着の不在は(88、02)
1988年 1着皐月・優駿不出走
      2着皐月不出走・優駿9
2002年 1着皐月・優駿不出走
      2着皐月15・優駿15

優勝馬には春の実績を問わない、むしろ不要。
2着馬にはそれでも最低限の優駿出走歴を要求。
そんな簡単で良いのだろうか?



3点目の特徴は年明け初戦に菊花賞を選択した馬が
存在する事。
8/26にnetkeiba.comに転厩の報が載った。
美浦・本間→栗東・佐々木
オーナーの要望とあるが嘘か真か。
9/15スポニチannexに菊花賞挑戦の記事が発表。
これを時系列に読んで分かることは何か?



4点目の特徴は神戸新聞1着が不在。
普通に考えれば故障以外でこういうことは起きない。
2008年に神戸新聞杯1人気1着馬が秋天皇賞に
挑戦した年度以来、丁度10年目。
ディープスカイはダービー馬だったが「Jpn1」
勝ったウオッカも「Jpn1」ダービー馬、
そんなことはどうでも良いか。

菊花賞を勝ったオウケンブルースリは神戸新聞3着
3着は神戸新聞2着同枠
このあたりが手掛かりか?

続く・・・?




競馬ランキング





【2017/10/17 23:37】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
昨年は2015年の1着番「8」を連続起用した。
ある意味、数字の「連覇」と言えるかもしれない。
2011、2012年にも同様の形「12」は見られる。
ただ、数字が同じと言うだけで
ポジションが全く同じという訳では無い。
出走頭数の相違で逆番位置が異なるからだ。
2015「正8逆11」
2016「正8逆8」

2011「正12逆7」
2012「正12逆7」

2010年の2着は「正7逆12」、3着が「正12逆7」と
3年がかりでのリンクだった事が分かる。
今年も1着の可能性は低いが2着か3着に「正逆8」を
使ってくる可能性は否定できない。
あくまでも出馬表との相談になる。



この1着馬番を連続起用した前後の年には
牝馬を起用していることから、今年も牝馬を起用する可能性も
併せて考慮しておきたい。
優先権競走・毎日王冠では1番人気の3歳「牝馬」が一蹴され
京都大賞典では過去に例のない7歳「牝馬」に1着席を
与えた伏線を考えれば、その準備をしておくのは
至極当然のように思われる。



烏滸がましいが戦歴的なつながりを書けば、
1着馬番連続起用の2年間の1着枠の戦歴は
翌2013年の1着枠に引き継がれている。
2011(京都大賞典1着)1着同枠
2013(京都大賞典1着)1着同枠

2012毎日王冠2着(1着同枠)
2013毎日王冠2着(1着)

第156回天皇賞秋の1着枠に、2015、2016の1着枠の
戦歴を起用するのだとしたら、2016年1着枠の
安田記念2着馬、札幌記念2着馬が不在なので
同枠配置馬が所持していた毎日王冠1着歴が
「1着枠を形成する」と考えられる。
2016(毎日王冠1着)1着同枠
2017(毎日王冠1着)1着枠・・リアル

その上で前述した牝馬の起用性を加味すると、
2015京都大賞典1着(1着)
2017京都大賞典1着(1着枠)・・スマート

リアルとスマートが同枠になれば、其処が1着枠
リアルとサトノが同枠でも、其処が1着枠
同居しなければ固執せず考えそのものを
振り出しに戻すのが無難だ。




春と秋の兄弟・姉妹関係は
1200(高松9800-スプリンター9800)
1600(安田11300-マイルCS11300)
ダート(フェブラリー9700-チャンピオンズ9700)
牝馬戦(Vマイル9300-エリザベス9300)
ファン投票(宝塚15000-有馬30000)
そして同じ名前の(天皇賞春15000-天皇賞秋15000)
がこれまで相互関係を築いていたのかもしれないが
春に「大阪杯」という距離2000のGI競走が
誕生することで(大阪杯12000-天皇賞秋15000)
という対比も視野に入れた考察が今後の大事な
「研究課題」になったのではないか。
既にいくつかの記事の中で「古馬三冠ボーナス」に
ついて書いたが、その中での距離2000GIの存在性
からもそのように言及できる。




書いた数字は「賞金額」であるが、それは「格」を示すと
言うよりも「売上貢献値」のようなものだ。
たとえ対比したとしても大阪杯が天皇賞のステータスを
犯すことは無い。
それが大阪杯1億2000万の設定理由だろうから。
勘違いされると困るが、大阪杯1着馬が天皇賞秋を
勝たないという意味ではない。
けしてそういう意味で書いてはいないが、
宝塚サトノクラウンは有馬を勝たないと想定しているし、
キタサンが宝塚をいとも簡単に負けた理由も
(キタサンの有馬での機能)という設定から納得がいく。
そうした考え方に基づき
<2017大阪杯勝馬は、2017天皇賞秋を勝てない>
という自分の中での根拠づけにしている。
キタサンが天皇賞秋を勝たないと結論付ける事は
春とは違い秋古馬三冠・初戦敗退を意味する。
まぁ(笑)あくまでも個人的な妄想なので気にしないで
北島ファンは、キタサン頭で買えばよい。
「先読みする」という事は、そういう事ではないのか。

いつもは書かない素材もあるが、此処では洗いざらい
考えつくことを書いている。
長くて飽きたら無理して読む必要もないので
秋天直前にでも読むのも一興。




61回大阪杯は「牝馬不在」での施行。
156回天皇賞秋は「牝馬出走」
この相対関係は、今年の天皇賞秋で牝馬が連対枠入り
するのではないかと考える上での、一つの目安ともいえる。
今年の秋天が何頭で施行されるか不明だが
18頭なら逆8番は正11。
春天で唯一の牝馬が配置された位置にあたる。




今一度、相対関係に設定した「61回大阪杯」を紐解く。
新設GIだが61回という施行回数は前年、産経大阪杯から
引き継がれている。
引き継がれるという事は、其処に「連続性」が
存在すると読み換えても良い。

90回中山記念2着歴は60回産経大阪杯1着
91回中山記念2着歴は61回大阪杯1着同枠

109回京都記念2着歴は60回産経大阪杯2着同枠
110回京都記念2着歴は61回大阪杯不出走
   →156回天皇賞秋2着枠配置?(スマートレイア)

読んでおられる方の中には中山記念は分かるが京都記念を
取り上げているのは何故?と思う方もいるだろう。
2016中山記念 デムーロ 堀
2017中山記念 デムーロ 堀

2016京都記念 デムーロ 堀
2017京都記念 デムーロ 堀

連続性をテーマにする限りにおいては、見逃せない
デムーロの「連覇」




もう一方の大阪杯ステップも「連覇」で
大阪杯の3着位置を任されていた。
2016金鯱賞 池添 池添
2017金鯱賞 池添 池添

こうした「連覇」の影響を受けた大阪杯
例年なら秋天の、比較の対象となる天皇賞春も「連覇」
2016天皇賞 武 清水
2017天皇賞 武 清水


此処までを先読み出来ていなかったから
京都大賞典の「連覇」や
スプリンターズの「連覇」を獲り逃す。
2016京都大賞典 武
2017京都大賞典 武

2016スプリンターズ  デムーロ 尾関
2017スプリンターズ  デムーロ 尾関

なんで此処で、スプリンターズが出てくるのかと
問われても困るが春一番GIが「連覇」で始まったから
秋一番のGIもと答えれば納得してもらえるだろうか?
2016フェブラリー  デムーロ
2017フェブラリー  デムーロ



長すぎて意味が分からない。
秋天も「連覇」という事か?
違います。
連覇を受ける大阪杯は前年2着馬の起用。
これは大阪杯自体が「連続性」を主張している証左。

秋天も京都大賞典や春天皇賞の「連覇」を受ける以上
前年、堀厩舎の連覇と考えるよりも
大阪杯同様「連続性」に主眼を置く方が良いと考えます。
前年2着枠の起用です。
712リアルスティール
713ヤマカツエース


ですからリアルスティールの枠が「1着枠」と既に上に書いています。
「2着枠」はスマートレイアの枠です。

先読みと言ったって、此処までは誰でも似たような内容を
書けるのです。ここからが読めないのです。




「譲位特別法」が成立し、現段階で2018年、天皇在位30年を
目途にして、天皇誕生日に皇太子に譲位。
2019年1月1日付で新「年号」公布という予定で進んでいます。
仮に主催者がいろんなことを想定し着手する際に
今年を含めた少なくとも「3か年計画」がどうしても必要です。
2017年  155回  156回
2018年  157回  158回
2019年  159回  160回

特に天皇即位後初めての160回天皇賞秋
此処に即位後、初めての天覧競馬の期待がかかります。
警備上の問題から天皇陛下が京都へ行くことは無い。
過去の天覧競馬
2003 新コース(ペリエ)
2004 JRA50周年(ペリエ)
2005 エンペラーズC100年

2010(外人騎手)
2011(外人騎手)
2012近代競馬150年
ちゃんと仕込みの前2年を用意している。
仕込みきれない時は「天覧競馬」は施行されない。

でもオリンピックイヤーでは無いと思うので(これも警備上の問題)
2019年、即位後すぐは可能性は否定できない。
ならば今年、何らかの仕込みが行われる。
それが春天皇賞の「武」による「連覇」ではなかったのか?
考えとしては面白いでしょう?
秋天も何かを仕込む。それは何でしょう?と言う話。

これも考慮して予想しないといけない。
私の先読みが予想の一助になれば幸いです。





競馬ランキング



【2017/10/11 23:54】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |

当たりましたね
HAT
misonoさん

祝コメありがとう!
一緒に当たって良かったです。
信じてくれてありがとう。

秋競馬の記事を再開してから
軸馬はまずますというところです。
9/2札幌2歳     6人気7着
9/3小倉2歳     2人気4着
9/3新潟記念     1人気2着

9/10セントウル    2人気9着
9/18セントライト記念 1人気2着

10/1スプリンターズ 3人気11着
10/8毎日王冠    5人気2着
10/9京都大賞典   1人気3着
10/15秋華賞     3人気1着

この調子が続けばよいのですが・・・




misono
おめでとうございます!!
私も頂きました!
お疲れ様でした!

秋華賞買い目は
HAT
misonoさん
いつもコメント頂きながらタイムリーにレスできなくてすいません。
アイルランドトロフィー、昨年との違いを示すであろうこの競走は
全く分かりませんでした。
まあでもなんかトーセンビクトリーって秋華賞前に示唆的ですよねw

この馬去年ジェンティルドンナメモリアルを勝ってるじゃないですか。
この競走、不思議なんですけど三冠牝馬の名前を冠しながら
牡馬も走ったんですよ。実に妙です。まあそれは良いのですけど。

私が推薦するディアドラは、三冠牝馬の14番ゲートに入りました。
私はもう迷う事無くスペシャルゲートを軸にします。
彼女の戦歴は500万→1000万→トライアル→秋華賞。
彼女の対極にいる
条件戦を走らない407、612
連を外した事の無い1番人気だけで秋華賞へ辿り着いた816
オークス馬不在の1着同枠馬204
この4頭が相手です。記事に書いたようなワイドなんか買いません。
アエロリットと同居したのでマル外は消しました。
でもなんか配当が安いんだよなあ
そんなすんなり収まるかなあ


misono
いつもありがとうございます。

府中牝馬は当選勝利からにします。選挙真っ只中のおり、期日前も受け付けており。ここから1.4.7.11.12..13へ

よろしくおねがします

コメントを閉じる▲
昨年のスプリンターズSは、CBC賞1着馬を起用し、2着席に高松宮記念2着馬を据えた。
全く同じとは言わないが2008年も、この2つの戦歴は顔を揃えていた。
まあ私の調べることなど、たかが知れていて翌年の連対枠に目を向ける程度。
スリープレスナイトは高松宮で1番人気を確保するもローレルゲレイロに敗れ、勝ったゲレイロは秋に再び13番ゲートに座り春秋連覇を成し遂げた。
その役割を担う為にはセイウンコウセイは6番ゲートから出走を果たすことが必要なのだろうかと、出馬表の発表を待っていたが、なるほど3番ゲートに座り連覇は無いまでも2着は許されるのかと納得した。
昨年のレッドファルクスは2009年とは違い、高松宮では一つずれた3着席、それでも一応、馬券対象着順。
その時の2着番が3番。当事者のレッツゴードンキは其処へ入らなかった訳で、この馬に役目は無い。これが薄っぺらい私の見立てです。
中山のGⅠ皐月賞が数年間に亘って、秋の中山GIにリンクする傾向から4枠もしくは6枠が1着枠であってしかるべきだが(実際に4枠に人気馬が配置されている)、他に後押しがあってこその数字なのだと、それくらいに考えておいた方が良い。リンクはいつ途切れるか分からないから。
2009年の決着を考えた時に、どうしてもセイウンコウセイの相手(1着馬)に購入しないといけない馬が16番である。
それは春スプリントGIの前哨戦「阪急杯」を見た所感。今年もシルクロードのダンスディレクターがその役目を背負わされそうなのは容易に察しが付く。
私のような貧乏人は多点数を買っては儲けにならないので必然、勝っても負けても点数を絞って買う事になる。
馬単16-3


初売りに沸いた昨年の凱旋門賞。4歳だけ、オブライエンだけで決着した。これがシャンティ競馬場への変更開催における特例措置だったのかどうかは知らないが、日本ダービー馬があっさりと負けたのは事実である。
今年は菊花賞馬が参戦する。
サトノダイヤモンドは落鉄を理由に、実際はマカヒキに負けていなかったという声を目にしたが、個人的にはむしろ「優駿2着」の戦歴は、上記の理由とは別に今年の凱旋門賞では有効なのではないかと仮説を立てている。














競馬ランキング




【2017/09/30 19:32】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
ご訪問有難う御座います。
人気ブログランキングを張り付けていますが
これは毎日、書き続けていないとランキングが
上がらないようです。
それに比べ、けな気にも常連さんたちが
クリックして士気を高めて下さっているのには
頭が下がります、本当に有難う御座います。

昨年の6月の記事は1本です。
夏競馬は休養に充てたからですが、モチベーションも
維持できなかったからというのも少しあります。

四つの季節と違って、競馬番組は春夏秋の三つです。
東西南北という方向も四つですが、競馬で使われる
数字は「三」が多いのです。あえて羅列しませんが
当然そこにも意味を持たせているわけです。
安田記念は夏競馬です。
いつから其処に位置したのかはご自身でお調べ頂く
として、夏競馬安田記念は既に半月前に予告記事を
書いております。
従ってもう書くことは無いのです。
それでもクリックしてくださった方への感謝を込めて
書きます。
http://markun1128.blog.fc2.com/blog-entry-802.html

この記事の主題は、安田記念でも「同世代対決」を
やるでしょうという予告です。
6歳ミッキークイーンを出走させないという結果とも言えます。昨年はルメール不在で競馬をしたのです。
負傷したから居なくなったという表向きの理由でなく。

書いたらダービーのように外れそうですが
感謝を込めて書くのです。ダービーのように
4番が1着でなければ当たり馬券は手元に残らないのが
1着馬を特定する馬券です。
安田記念も1着馬を特定していますから
1着にならなければPAT残高は「ゼロ」になります。
そんな買い方をするから当たらないのだと後輩は
言いますが、その方が面白いから仕方ないだろ
と私は言います。

今年の安田記念は「7歳同士」で決まります。
否、そう考えています、だな。正しくは。
「67回」という開催は「56回」という開催と
イコールという発想です。
前年1着世代を起用するのです。6歳じゃないですよ。
今年コンテントメントを再出走させるのは(同じ戦歴でね)私から見たら「主催者の最高の使い方」なわけです。
えらく抽象的な書き方のようですが
正直に書いております。
馬番の配置も最高なわけです。
1着馬を特定する書き方をすれば揃目開催の翌年度を
勝つのはコンテントメントとなります。

1番は世代を表現する指標馬で、2着に起用するのは
前年1着馬ロゴタイプしか残りません。
競馬は一点では取れないようにできていますが
今年は「万馬券」と読んでいるので、
この一点で良いのです。
ダービーのように外したくなければ馬連5-16を
かっこよく馬券を買いたければ馬単5-16を
そういう事です。

いつも拙い記事をお読みくださり、有難う御座います。
人気ブログランキング、今後も貼り続けますが
もうクリックは結構です。調査は終わりましたから。
皆様に感謝です。
結構、安田記念、自信あったけど、何処が間違っていたんだろう。なんて次の記事で書きたくないなあ。







競馬ランキング


【2017/06/04 01:29】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |

Re: 裏
HAT
ムーンさん
裏5→16、ほんまですね
私、頭から同世代対決が離れなくて撃沈です
この思い込みの激しさ、何とかならないかなと
つくづく思います



Re: ありがとうございます。
HAT
一読者さん
そうなんですよね、前年2着席に居た、この馬ね
いやそれにしても馬券ゲット、素晴らしい!
おめでとうございます!
折角なんですけど、夏競馬休もうと思ってるんですよ
秋からまた覗いて下さい



ムーン
14(裏5)→16という決着だったのですね。

ありがとうございます。
一読者
今回の記事を見て 前年4着馬と1着馬の馬券を強く買うことが出来ました。

2、3着馬不在も一緒でしたね!

これからも ちょくちょく寄らせて頂きます。


コメントを閉じる▲
NHKマイルのトライアル覇者がダービーに挑戦するのは、調査不足でなければ
2001年のキタサンチャンネル以来のはず。この年はマル外開放初年度でクロフネ、ルゼルの二頭が参戦。マル外を直接機能させることを避けた。
私の中でどこかマル外への期待値が高くなっていたが違うかもしれない。

407アルアイン =クロフネ(毎日杯1着→GI1着)
818アドミラブル=ルゼル(青葉賞1着)
408トラスト¬  =トラストファイヤー

204スワーヴリチャード=ジャングルポケット(共同通信1着→皐月2人気)
611ペルシアンナイト =ダンツフレーム(アーリントン1着→皐月2着)
715ダイワギャグニー =ダンシングカラー=(OP特別1着)

この年度をサンプルに仕立てた時に2枠の「唯一性」が少し理解できた気がする。
スワーヴリチャードを第84回覇者に指名する。


競馬ランキング



【2017/05/28 13:41】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |