素晴らしかったですね!感動しました。
宇野君のコメントは名言でしたね。
金を狙いに行って「1個目の(4回転)ループを失敗した時点で、ちょっと、もう...笑えてきました」
最高でした!家族で一緒に笑えました。

GIの予想を書かないと怒られそうなので、時間ないけど一応、書きますね。

生涯初めての1400を経験し、優先権を得たノンコノユメは実に2016帝王賞から19か月ぶりの賞金加算だった訳で、その根岸の同枠には取消マル外(昨年のフェブラリー2着)が居て、特殊条件下での勝利でした。

方やもう一方の優先権馬もまた生涯初めての1600を走ろうとしているのですから、今年のフェブラリーステークスはどうも、そのあたりにヒントが隠されているような気がしてなりません。

登録を抹消したコパノリッキーの、最後のフェブラリーSで同枠だったゴールドドリームは秋チャンピオンズも勝利し、中央ダートGI3連覇が懸かっているわけですが、いくら五輪の最中でも厳しいんじゃないかな。2着同枠だったカフジテイクが非抽選となり、7枠と8枠で隣合わせとなった2017現物2頭は、それぞれ何着でゴール板を駆け抜けるのだろうかと、これ主催者からの問題みたい。

昨年の記事を読み返すとCMサインを取り上げていて「フェブラリーってなんだっけ?図書館?」なかなか良い拾上げ方だったけど、素直に2月=2枠で馬券は作られてました。今年のCMは「ところでGって何?」と全く昨年と同じ作り方。GOLDのGよりは、素直にGREENのGだと私は受け止めたいですね。

ブリーダーズカップクラシック2016の馬番は9番と4番で、これは2017フェブラリーで枠としてそのまま起用されました。連年で同じことをするとは考えにくいですが、昨年のBCCは5番と11番、2018フェブラリーに置き換えると枠の3-6となる。

もう一度、記事の冒頭から復唱しますよ。
何か「初めて」をやるんじゃないか?
昨年の現物2頭は来るのだろうか?
CMの「G」は6枠を指すのか?

◎ノンコノユメ
昨年と似たような予想だけど、でも考えてみてよ。根岸が初めて「セン馬」を使ったタイミングこそ、フェブラリーが「セン馬」を使うタイミングだと思わない?

「でも現実はどうなのよ」と後輩に聞かれる前に書いておきますが、十分あり得ると思います。
JC  1990
JCD 2003
SPS 2006、2010
安田  2000、2006
高松  2015
これ全て外国調教馬のセン馬

でも外国調教馬だけに許されていた訳では無くて日本のセン馬も勝っている。
JC  1993、1994

そして2016年のチャンピオンズが一足先に、それをやってみせた。2015年3着席から一切、中央の舞台に立たなかったサウンドゥルー。







競馬ランキング


【2018/02/18 02:31】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
○○さんのブログ覗きに来る奴って変わっとうよね。いや、俺は好きですよ(笑)“ある意味”面白いから。そやけど、こんな何年もず~っと外れ続けてるブログ、変わってなかったら、見に来うへんでしょ、普通。

後輩に言われるまでもなく、訪問して下る方には有り難いなぁという感謝の思いは常にあるが、その理由まで深く考えたことは無い。いったいどんな理由で訪問して下さっているのだろう?ひょっとすると「幸せ!」というブログ名から何か救いを求めてクリックしたのだろうか?だとしたら申し訳ないからブログ名を替えよう。

もしくは後輩の言うように「ある意味」面白いから覗いて下さるのか。で、ある意味ってなんやねん!
どこまで、こいつ外し続けるんやろという連敗記録への興味なのか、はたまた、いつになったらブログ閉鎖するんやろう、という賭けの対象になっているのだろうか、もしかして。

ただ言えるのは、予想の切り口が自分で面白く無いと思ったらブログは閉じます。外れ続けていても、まだちょっと面白いと思ってる自分が居るんですよ、すいません。


1月の3歳重賞は「牝馬」の枠が1着枠を構成していた。
フェアリーS 当たり前の牝馬2人気
シンザン記念 アーモンドアイ1人気
京成杯    ジョリルミエール(1人気)

だからこそ、きさらぎ賞に牝馬メイショウヒサカタやノーブルカリナンが出走するかどうかは、個人的に大事だと思っていた。だけど「牝馬の存在自体が邪魔」と主催者は宣言。

きさらぎ賞 牡4人気
共同通信杯
クイーンC 当たり前の牝馬

前回、2015年のルージュバッグを書いておいたのは、共同通信杯への伏線で、2015年の共同通信は「1戦1勝」のリアルスティールを起用したから。この時点で共同通信杯に牝馬の登録があることなど調べ切れていなかった訳だが、きさらぎ賞との反転で、共同通信が牝馬の枠を1着枠に起用する可能性があるのではと、密かに考えていた。共同通信杯に用意されたのはフィニフティという牝馬。この馬の動向が個人的な注目点だった訳ですが、やはり出走しなかった。

これら春の3歳重賞に主催者は「馬連5%UP」しますよと宣伝。此処まで1番人気か2番人気枠を外していない。と書いたら外してくる天邪鬼な主催者だったりする。

いづれにせよ買う馬は決まっていて、名前をステイフーリッシュという。




競馬ランキング


【2018/02/09 18:03】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
通勤電車で座った対面の女性が読んでいた本のタイトルに「エナジーバンパイア」と書いてありました。聞きなれない言葉だなぁと、すかさず携帯で検索してみると、簡単に書くと自分のエネルギーとなる運気・やる気・元気といった「気」を奪い取る対象を総称して、そのように呼ぶらしいのです。まぁ確かにそういう人間は居るわなぁ。それが自分と対等もしくはそれ以下の人間なら良いけど(対処のしようもあるけど)、これが上司だったり、取引先の人間だったりしたら、確かにやっかいだ。ましてやその存在が家庭内に居たとしたら悲惨だな。女性が読んでいたのは対処法みたいな感じだったけど、そんなもの解決法なんか無いでしょ。最終的には自分を変えるしかないです。強い自分をつくる、勇気を持つ。多少の事で動じない、くじけない。パワーを吸い取られそうなら、仕方ないあげましょう。エナジーを奪いたいなら、どうぞ持ってってください。また充電しとくので「いつでも、来いや~!」そういう自分を作りましょう。
私なんか競馬の予想が外れる方が、よっぽど気力も体力も奪われます。いやほんと。






競馬ランキング


【2018/02/03 12:29】 | 雑文
トラックバック(0) |
東京新聞は中日新聞社東京本社が発刊する日刊紙
今回は此処を一つ目の切り口にする

2010年「1枠」→2013年「1枠」
2012年にリンクしなかったのは、2012年が揃目戦だったからだと言い切り、其処さえクリアすれば見事な2年周期説が出来上がる

中日新聞杯 → 東京新聞杯
2012年「6枠」→2014年「6枠」
2013年「7枠」→2015年「7枠」
2014年「3枠」→2016年「3枠」
2015年「5枠」→2017年「5枠」
従って今年は中日新聞杯2016の出目3枠か5枠が誘われる予定である。東京新聞杯2着席へと。

次に主催者は3つの戦歴を対比させているのだがそれをどのように調理するかは読み手の力量に委ねられている。

2016富士S3着 ダノンプラチナ
2017富士S3着 クルーガー  

2014阪神朝日杯1着 ダノンプラチナ
2016阪神朝日杯1着 サトノアレス

2016京成杯Ah3着 ダノンプラチナ
2017京成杯Ah3着 ダノンリバティ

料理下手な私が「調理」すると以下になる。
一、4歳同志で決着した年を軽く熱湯にくぐらせる。
一、すると「2004、2011、2014年」という「翌年度」が浮上する。
一、別に用意している氷水につけると「1着6歳」となって鮮度が増す。
一、そのまま単勝ドレッシングでも良いし、
一、中間人気のマヨネーズをかけて食すのも良い。

冗談めかして書いているが、まさにこのままが予想。
ポイントだと考えているのが2015年で、登録馬には当然2015富士S3着馬は居ないし、2015朝日杯1着馬も居ない。京成杯Ah3着の「ダノン」もいない。

2011年中山朝日杯馬が2着席に敗れた年で其処をサンプルに見立ててれば2着はサトノアレスかダノンプラチナになるが出目に重きを置くなら5枠。

上記の流れを組み立てると
1着6歳クルーガー、6歳グレーターロンドン
2着6歳ダノンプラチナ、4歳サトノアレス







競馬ランキング


【2018/02/03 12:25】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
1戦1勝馬を採用しないきさらぎ賞が今年は、4頭も登録段階で用意してきていた。その不気味さ感じながら楽しみに待っていた出馬表。案の定、唯一の2勝馬メイショウヒサカタがエルフィンに廻り、1勝馬だけでの編成にして、先の4頭をすべて出走させてきた。うち1頭は現段階での1番人気。「1戦1勝馬」を使うタイミングとみて間違いない。1頭だけ他の3頭と違う個性が居る。「ダノンマジェスティ」だ。その馬に新馬戦で2着に敗れた騎手が跨る。昨年の1着騎手「松若風馬」。此処まで御膳立てが整えば1着で突き抜ける可能性の方が高いのではないかと思える。

ほとんど荒れないきさらぎ賞は奇抜は戦歴を好まないレースと言えるかもしれない。逆に今年のようなケースなら「万馬券」に注意ということかもしれない。2014年から4年間、新馬-500万と連勝した馬を用意していたのに今年に限ればそのタイプを不在にした。必ずクラシックへ向かうきさらぎ賞が、新しい仕様にチェンジした時にどういう結果が伴うのか春クラシックでの動向が楽しみだ。

1戦1勝馬とは違い用意されていた「牝馬」は使われなかった。1月5日に登録抹消されたルージュバッグが牝馬でありながら1番人気に支持され勝ったのが2015年55回大会。今年は牝馬の存在自体が邪魔だという証拠。










競馬ランキング

【2018/02/03 12:12】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |